「蟇目良雨」タグアーカイブ

東京ふうが70号(令和4年夏季号)

編集人が語る「東京ふうが」70号今年の9月で満80歳を迎えた。幼い頃に小児麻痺と肺浸潤を患い、病弱で小学校低学年を何とかやり過ごし、少年時代は足を引きずりながらも負けん気で挑戦し続けここまでやって来た。自分では足の割ることに余り気が付かないのだが、大きな鏡やガラスに映る我が身はやはりあまり格好の良いものではない。気分が落ち込む瞬間だ。それでも人は人、自分は自分と割り切ればまた元気な自分に戻る。
高木良多先生から俳句の径に導かれて以来、大勢の仲間に恵まれてここまで来られたことを有難いと思う。盤水先生からは風狂の俳人の生き方を学び密かに目標にしている。今後、どのように進むかを「東京ふうが」を舞台に歩んでゆきたいと思う。
乾佐知子さんの労作『曾良を尋ねて』が1冊に纏められることになった。読み返してみて実に面白い読み物になっていた。通底しているのは家康の六男松平忠輝の隠し子が曾良ではないかという前提である。私は松平忠輝に詳しくなかったのだが、隆慶一郎原作、横山光輝画のコミック『捨て童子 松平忠輝』上中下3巻を読み、父・家康には可愛がられたが、兄・秀忠に憎まれた事情が良く分かった。小説かもしれないが頭の整理が良く出来た。『曾良を尋ねて』をこのように実社会に対比させて読むと迫真に迫ってくる力があることを感じた。完成が楽しみです。
蟇目良雨


名句逍遙 <49>  蟇目良雨
皆川盤水秀句鑑賞
高木良多秀句鑑賞

作品7句と自句自解ちょっと立読み

仙鶴「富士に象」 本郷民男

素十俳句鑑賞・100句  (9)ちょっと立読み 蟇目良雨

10 私の愛唱句 4

13 随筆 「韓国俳話あれこれ」15ちょっと立読み 本郷民男
朝鮮俳句選集・神仙爐俳壇より ほか

16 墨痕三滴(佳句短評) 蟇目良雨

18 コラム 「はいかい漫遊漫歩」ちょっと立読み
(『春耕』より)
松谷富彦
162 廃道も花火ひらいて瞬けり 又吉直樹
163 昭和とともに消えた赤帽
164 自転車に乗った留学生、漱石
165 自転車の三角乗りを知っていますか
166 鬼平も好んだ一本饂飩の話
167 ネギマ鍋(汁)の栄枯盛衰

25 恋人の腕の中で星になった俳女 本郷民男

28 歳時記のご先祖様 ④ちょっと立読み 本郷民男

31 あとがき

32 句会案内

表3 東京ふうが歳時記 <49> 編集部選

(つづきは本誌をご覧ください。)

東京ふうが69号(令和4年春季号)

編集人が語る「東京ふうが」69号

「東京ふうが」は、お茶の水句会の会員の勉強の場である。季節ごとに纏める仕事は積もり積もって自身の肥やしになっていると確信する。他では発表出来ないことを自由に発表する場にもなっている。私はここで「寄り道 高野素十」として高野素十を発表してきたが、素十の時代の俳句の質を後世に残すことをこれからも続けたい。
「春耕」誌の主宰になったために研究にさける時間が少なくなったため、ご迷惑をおかけしていると思う。長い目で見守っていただきたい。汲めども尽きぬ先人がいることを幸いに思う。
乾佐知子さんが本誌や春耕誌で連載した「曾良を尋ねて」は、現在、単行本にするべく動いています。ご期待下さい。
ロシアがウクライナに侵攻して4ヶ月経過。一進一退の膠着状態になっている。早く平和が訪れることを期待する。ウクライナ支援の催しに参加して、私の胸には黄色と青のウクライナのピンバッジが付けられています。
蟇目良雨


名句逍遙 <48>  蟇目良雨
皆川盤水秀句鑑賞
高木良多秀句鑑賞

作品7句と自句自解ちょっと立読み

六義園の春 本郷民男

素十俳句鑑賞・100句  (8)ちょっと立読み 蟇目良雨

10 私の愛唱句 3

13 随筆 「韓国俳話あれこれ」14ちょっと立読み 本郷民男
慶尚南道の晋州八景 ほか

16 墨痕三滴(佳句短評) 蟇目良雨

18 コラム 「はいかい漫遊漫歩」ちょっと立読み
(『春耕』より)
松谷富彦
156 まな板に小判一枚初鰹 室井其角
157 長崎のわらべ歌「でんでらりゅう」
158 食いしん坊作家の好んだ料理
159 江戸っ子のファストフードだった天ぷら
160 二十五音の長大な季語の話
161 ほうづきや可愛がられてえぐらるゝ 本荘幽蘭

24 他誌掲載・俳句鑑賞
現代俳句の四季(39)『たかんな』2022年3月号
現代秀句紹介季刊『群青』春号(191号)

25 『新版大歳時記』春 本郷民男

28 歳時記のご先祖様 ③ちょっと立読み 本郷民男

31 あとがき

32 句会案内

表3 東京ふうが歳時記 <48> 編集部選

(つづきは本誌をご覧ください。)

東京ふうが68号(令和3年冬季・新春号)

編集人が語る「東京ふうが」68号

「東京ふうが」編集人より

編集人が語る「東京ふうが」68号

ロシアの特にプーチンの正体が段々はっきりしてきて、ウクライナから引き上げるのは時間がかかりそうな気配です。戦国時代が再び現れるなんて人間という動物には本能による限界があるのですね。日本は政治的には2等国ですが、戦争の匂いが未だしないところが1等国と言えましょうか。背伸びしないで己を足るを知る国家になって欲しいと願っています。
風雅とは戦乱の隙間の寛ぎなのかも知れません。
良雨

 

目次


名句逍遙 <47>  蟇目良雨
皆川盤水秀句鑑賞
高木良多秀句鑑賞

作品7句と自句自解ちょっと立読み

蕪村の宇都宮歳旦帖 本郷民男

素十俳句鑑賞・100句  (7)ちょっと立読み 蟇目良雨

10 私の愛唱句 (2)

13 随筆 「韓国俳話あれこれ」13ちょっと立読み 本郷民男

16 コラム 「はいかい漫遊漫歩」ちょっと立読み
(『春耕』より)
松谷富彦
150 虚子は社会性俳句をどう読んだか
151  沢木欣一の決意
152  「消息を絶った女流俳人」(上)
153  「消息を絶った女流俳人」(下)
154  蕉門の鬼才、野沢凡兆の意固地、偏屈
155  鬼才、野沢凡兆の優しき妻、俳女羽紅

22 墨痕三滴(佳句短評) 蟇目良雨

24 歳時記のご先祖様 2 本郷民男

27 あとがき

28 句会案内

表3 東京ふうが歳時記 <47> 編集部選

(つづきは本誌をご覧ください。)

東京ふうが67号(令和3年秋季号)

編集人が語る「東京ふうが」67号


名句逍遙 <46>  蟇目良雨
皆川盤水秀句鑑賞
高木良多秀句鑑賞

作品7句と自句自解ちょっと立読み

榎本星布の案山子の句 本郷民男

素十俳句鑑賞・100句  (6)ちょっと立読み 蟇目良雨

他誌掲載『少年』11月号
「稲田眸子の俳句紀行」より良雨論

10 コラム 「はいかい漫遊漫歩」ちょっと立読み
(『春耕』より)
松谷富彦
144 落花生老婆の口に三時間 斜断鬼(立川左談次)
145 淋しさは左右に飛び散る放尿時 三魔(山藤章二)
146 続「駄句、この粋と恥」
147 続々「駄句、この粋と恥」
148 長らへてわれもこの世を冬の蠅 永井荷風
149 『笑う子規』(ちくま文庫)が面白い

16 永青文庫 秋季特別展 「柿衛文庫名品にみる芭蕉展」

17 私の愛唱句

20 随筆 「韓国俳話あれこれ」12ちょっと立読み 本郷民男

23 満州引揚体験記 荒木静雄

26 墨痕三滴(佳句短評) 蟇目良雨

28 歳時記のご先祖様 ① 本郷民男

31 他誌掲載・良雨句
『愛媛新聞』2021.9.4
「季のうた」

31 あとがき

32 句会案内

表3 東京ふうが歳時記 <46> 編集部選

(つづきは本誌をご覧ください。)

東京ふうが66号(令和3年夏季号)

編集人が語る「東京ふうが」66号

「東京ふうが」編集人より

人生の総括をそろそろ考え始めている。始まりがあれば終りがある。妻の死もその一つ。年長の妻を丁寧に送ることができて安心している。次は私の番だがそれまでにやることが多い。しかし人生百迄もと望むことは欲深か過ぎるが、あと5年はしっかり頑張ろうと思う。

野ざらしを心に風のしむ身哉 ばせを

されこうべになる覚悟で旅に立つ芭蕉の一句だ。
私の今後の5年間はまさに芭蕉の覚悟で歩くつもりだ。
どんな世界が待っているか楽しみである。

良雨

 

目 次


名句逍遙 <45>  蟇目良雨
皆川盤水秀句鑑賞
高木良多秀句鑑賞

作品7句と自句自解ちょっと立読み

三圍神社の雨乞発句 本郷民男

素十俳句鑑賞・100句  (5)ちょっと立読み 蟇目良雨

10 コラム 「はいかい漫遊漫歩」ちょっと立読み
(『春耕』より)
松谷富彦
138 うちの子でない子がいてる昼寝覚め 米朝
139 交る蜥蜴くるりくるりと音もなし 加藤楸邨
140 ばさばさち股間につかふ仰木かな 玩亭
141 俳号「玩亭」は石川淳(夷斎)の命名
142 玩亭句集『七十句 八十八句』(上)
143 玩亭句集『七十句 八十八句』(下)

24 エッセイ 桃青と風来坊は季吟が芭蕉に与えたか 本郷民男

20 曾良を尋ねて 第49回 《最終回》ちょっと立読み 乾佐知子
143─故郷に集う「あじさい忌」

14 他誌掲載・良雨句
『港湾空港タイムス』2021.6.28
《四季有情》

24 随筆 「韓国俳話あれこれ」11ちょっと立読み 本郷民男
韓の秋の空・雨や霧など ほか

22 墨痕三滴(佳句短評) 蟇目良雨

27 あとがき

28 句会案内

表3 東京ふうが歳時記 <45> 編集部選

(つづきは本誌をご覧ください。)

東京ふうが65号(令和3年春号)

編集人が語る「東京ふうが」65号

「東京ふうが」編集人より

俳句関係者で新型コロナウイルスに罹った知人は1人のみだが、彼は残念ながら亡くなってしまった。葬式にも参列できず、また現在は葬式は家族葬のみと仄聞する。

スペイン風邪で大正七年十一月に亡くなった、私の会ったことのない祖母の場合は普通の葬式が行われたようである。父が残してくれた文書の中から祖母の香典帖が見つかった。

祖母は岩手県宮古市の鍬ケ崎で生まれ育ち32歳のときスペイン風邪で亡くなった。遺体は桶の棺に入れて運び土葬され、葬儀には166名の参列者の名と香典の金額、又は品物が記されている。パンデミックに対する知識が無いと言えばそうかもしれないがせめてもの供養になったと思う。若くして亡くなり、若い時の美しい写真しか残さなかった祖母を香典帖を眺めながら想像している。
 

良雨

 

目 次


名句逍遙 <44>  蟇目良雨
皆川盤水秀句鑑賞
高木良多秀句鑑賞

作品7句と自句自解ちょっと立読み

江戸花暦の早春 本郷民男
素十俳句鑑賞・100句  (4)ちょっと立読み 蟇目良雨

11 曾良を尋ねて 第48回 ちょっと立読み 乾佐知子
140─榛名山に消えた仙人は誰か
141─曾良は松平忠輝の「御落胤」か
142─謎の旅人、曾良は丹心つくしけり

14 他誌掲載記事
『WEP俳句通信』121号より
《近詠7句 深川知子》

15 随筆 「韓国俳話あれこれ」10ちょっと立読み 本郷民男
韓の夏空・風土と俳人 ほか

18 コラム 「はいかい漫遊漫歩」ちょっと立読み
(『春耕』より)
松谷富彦
132 鐘ひとつ売れぬ日はなし江戸の春  宝井其
133 七は「ひち」である
134 致死量の月光兄の蒼全裸  藤原月彦
135 肉弾の夜ごと夜ごとの世紀末  月彦
136 歳時記から消えた怖い季語の話
137 コレラとニホンオオカミの話

24 墨痕三滴(佳句短評) 蟇目良雨

25 あとがき

26 句会案内

表3 東京ふうが歳時記 <44> 編集部選

(つづきは本誌をご覧ください。)

東京ふうが64号(令和3年冬季・新春号)

編集人が語る「東京ふうが」64号

「東京ふうが」編集人より

新型コロナウイルスはワクチンの開発と接種によって終息するかのような期待を抱かせたが、「変種」を作り出して納まる気配はない。これは「スペイン風邪」のときと同じような経過をたどっていそうだ。100年前も足掛け3年に亘って第2波、第3波と繰り返し、世界中のほとんどの人に免疫ができた時点で収束したと言われている。

ワクチンも当にならないことも言われ、とにかくやり過ごすことが最大の防御に思える。人と人の交流が人間の生存理由だが、交流を断念させるのが新型コロナウイルスである。これは生物学的には何か意味があるのかもしれぬ。

オリンピックも開催出来ないと思う。

こんな時だからこそコロナ地獄のことを記録し続けてゆきたい。

良雨

 

目 次


名句逍遙 <43>  蟇目良雨
皆川盤水秀句鑑賞
高木良多秀句鑑賞

作品7句と自句自解ちょっと立読み

正月の句について 本郷民男

素十俳句鑑賞・100句  (3) ちょっと立読み 蟇目良雨

11 随筆 「韓国俳話あれこれ」9ちょっと立読み 本郷民男
荷物を担ぐ人
汗で動く乗り物 ほか

14 良雨第4句集『九曲』鑑賞
『秋麗』藤田直子主宰からの手紙

17 他誌掲載記事
『雲』2021年1月号
『門』2020年12月号
『伊吹嶺』2020年11月号 より

20 コラム 「はいかい漫遊漫歩」ちょっと立読み
(『春耕』より)
松谷富彦

126〜131 ─新興俳句、何が新しかったのか


26 曾良を尋ねて 第47回 ちょっと立読み 乾佐知子
138─榛名山の白髪の翁は誰か
139─白髪の老翁と正願寺開基河浄西

28 墨痕三滴(佳句短評) 蟇目良雨

30 あとがき

31 他誌掲載記事
『俳句年鑑』2021年版
『田』2020年12月号 より

32 句会案内

表3 東京ふうが歳時記 <43> 編集部選

(つづきは本誌をご覧ください。)

東京ふうが63号(令和2年秋季号)

編集人が語る「東京ふうが」63号

「東京ふうが」編集人より

 断捨離、墓仕舞いは近年の流行になった。その原因を考えるのに、住宅の貧弱さと都会集中が挙げられるのではないだろうか。

 昔は旧家というものが地方にはあり、広い土地に蔵付きの屋敷があり蔵には何代もの貴重品が収められてきた。従ってその家で活躍した人間の資料は何代にも亙って保存されてきたのだ。都会で蔵付きの家を建てるのは不可能に近い。都会の便利さに惹かれて都会に住むと言うことは物を残せないことと同意義になった。

 私は、写真が好きで機会があれば記録として撮り溜めてきたものが相当量になった。写真位は断捨離出来るだろうと思って始めたのだが、思い出深いものばかりで捨てるに捨てられなかったので、殆どをデータ化しようと挑戦した。結構な時間を要したのと質の低下はしょうがなかった。今は、それを纏めて、見たい時に見られるようにする思案の最中である。

 戦後間もなくの農地解放という荒業が関係しているのではないかと思うこと仕切りである。

良雨

 

目 次


名句逍遙 <42>  蟇目良雨
皆川盤水秀句鑑賞
高木良多秀句鑑賞

作品7句と自句自解ちょっと立読み

「句集を読む」 小林文隆
他誌掲載記事 月刊誌『繪硝子』2020年12月号より

素十俳句鑑賞・100句  (2) ちょっと立読み 蟇目良雨

11 随筆 「韓国俳話あれこれ」8ちょっと立読み 本郷民男
朝鮮俳句一万集
どんな句集
先ずは新年の句
ほか

14 曾良を尋ねて 第46回 ちょっと立読み 乾佐知子
134─曾良の終演に関する一考察 Ⅰ
135─曾良の終演に関する一考察 Ⅱ
136岩波庄右衛門謎の終演について
137曾良の墓は「対馬」にもあった

18 墨痕三滴(佳句短評) 蟇目良雨

20 コラム 「はいかい漫遊漫歩」ちょっと立読み
(『春耕』より)
松谷富彦

122夭逝の自由律俳人、住宅顕信(3)

123夭逝の自由律俳人、住宅顕信(4)
124松の廊下刃傷事件余話
125一手づゝ風植てゆく早苗かな 蓑笠庵梨一

24 他誌掲載記事 『草笛』2020年12月号より

25 お知らせ・あとがき

26 句会案内

表3 東京ふうが歳時記 <42> 編集部選

(つづきは本誌をご覧ください。)

東京ふうが62号(令和2年夏季号)

編集人が語る「東京ふうが」62号

「東京ふうが」編集人より

編集人が語る

新型コロナウイルスによる世界的パンデミックの時代はひたすら耐えることしかないと言うことが実感できた。基本は「正しく恐れよ」と言うことである。幸い、正しく恐れて8ヵ月、何とか生き延びてきた。怖がらずに俳句に打ち込める自分を見て、俳句に育てられたなと感慨深いものがある。まだまだ頑張れるぞ!

蟇目良雨

 

目 次

 


名句逍遙 <41>  蟇目良雨
皆川盤水秀句鑑賞
高木良多秀句鑑賞

作品7句と自句自解ちょっと立読み

素十俳句鑑賞・100句  (1) ちょっと立読み 蟇目良雨

11 随筆 「韓国俳話あれこれ」7ちょっと立読み 本郷民男
齋月庵松霧とその撰句の一部
橡面坊とその撰句の一部
省花堂茶遊とその撰句の一部
鼻つまりという踏絵
終わりに

14 追悼特集・石川英子
想い出・ご遺族からの書簡・略歴
英子さんの山岳俳句とエッセー

28 句集『九曲』識者鑑賞 他誌掲載記事
(『俳句四季9月号』より転載)
【座談会】最近の名句集を探る 第69回より
人と作品▷蟇目良雨 句集『九曲』

36 曾良を尋ねて 第45回 ちょっと立読み 乾佐知子
132岩波庄右衛門正字と対馬国について Ⅰ
133岩波庄右衛門正字と対馬国について Ⅱ

38 コラム 「はいかい漫遊漫歩」ちょっと立読み
(『春耕』より)
松谷富彦
118糸瓜棚この世のことのよく見ゆる 裕明
119蟻地獄赤子に智慧の生まれけり  裕明
120夭逝の自由律俳人、住宅顕信(1)
121夭逝の自由律俳人、住宅顕信(2)

43 あとがき

44 墨痕三滴(佳句短評) 蟇目良雨

46 句会案内

表3 東京ふうが歳時記 <41> 編集部選

(つづきは本誌をご覧ください。)

『九曲』蟇目良雨著

『九曲』蟇目良雨著

蟇目良雨の第四句集
著者62歳から69歳までの8年間の作品
を所収。

「九曲は幾曲がりする、九十九折れという意味であるが中国の大河である黄河のことも言う。折々中国に旅して、雄大な流れに心を癒されたことから名付けたものである。」  -あとがきより

自選十二句

柴の戸に待春の鳥いくたびも

臘梅や曾良は丹心つくしけり

安心といふさながらに落椿

芭蕉より蕪村の皃で花見かな

そら豆のつるんと飛んで五月場所

東京をびしょ濡れにして桜桃忌

そもそもは並んで卯波見しことに

吊つてある手水手拭金魚玉

鯔とんで秋をななめによぎりけり

十月の蝿いきいきと湯殿山

煤逃げのとぼとぼホロホロ鳥と歩く

古書街に立ち飲みをして年忘れ

現代俳句作家シリーズ耀5
価 格   2800円
発 行   2020年4月1日
著 者   蟇目良雨
発行所   株式会社 東京四季出版
印刷所   株式会社 シナノ
装 幀   髙林昭太
ISBN978-4-8129-0961-4

<出版物の購入をご希望の方へ>
出版物の在庫・価格等についてのお問い合せは、こちらをご利用ください。